単身パックの比較も引越し侍!

 

独身や単身世帯の引っ越し費用も業者ごとに違う!

 

短大や大学への進学、就職や転職など

単身世帯の引っ越しなので荷物が少なく、わざわざ引っ越し見積もり業者を使って、価格比較するまでもないと考えている人も多いかもしれません。

 

実家の6畳一間と一人暮らしの6畳一間では、

同じ部屋のサイズでも必要な家電や家具も異なりますし、荷物の量も大幅に増えますので、引っ越し見積もり業者は利用すべきでしょう。

 

引越し単身パックといえば、ヤマト運輸のイメージがありますが他の引っ越し業者でも似たようなサービスがあります。

 

  • アート引越センター
  • サカイ引越センター
  • アーク引越センター
  • ハート引越センター
  • アリさんマークの引越社
 

大手の引っ越し業者だけでもこれだけありますし、赤帽や地域密着型の中小の引っ越し業者を含めると、かなりの数になります。

 

多くの引っ越し業者が単身世帯や単身パックを用意しているということは、それだけ価格差があるということであり、見積もり業者を利用することでコスト削減ができる可能性があるということ。

 

独身時代の私のおひとり様の引っ越し体験談

 

 

大学生の頃は家族で軽トラックを借りて自分で引っ越ししたこともありますし、不要なものを全て処分して、ヤマト便(段ボール)だけで引っ越したこともあります。

 

しかし東京大阪間の引っ越しの際には、

何日もかけて引っ越し業者に見積もり依頼を行い、運送業者の決定や少しでも安い費用にするために早朝+混載便を使用したり、かなり大変な思いをしました。

 

当時はまだ引っ越し見積もり業者が一般的ではなく、自分で全てのことを行ったので本当に大変だった記憶がありますし、引っ越し費用も10万円超えとかなり高額でした。

 

調整の大変さを知っているので、

もし今引っ越しをするなら、見積もり業者を利用して簡単に引越し業者を決定してしまうでしょう。

 

引っ越し業者選びで一番大変なのは、荷物を丁寧に扱ってくれる割に費用が安い業者を見つけること!

 

比較検討しているうちにどんどん引っ越しの日が近づいてしまい、時間ばかりかかってしまったなんてこともあるでしょう。

 

そういった面倒な部分を簡単にしてくれるのが引っ越し見積もり業者です。

 

単身世帯の引っ越し費用がどのくらい安くなるのか?

 

やはりここが一番気になりますよね?

過去に単身世帯で、単身パックなどを利用した人がどのくらい安くなったのかといえば、

 

  • アート引越センターで、30,000円の節約
  • サカイ引越センターで、40,000円の節約
  • 人力引越社で、20,000円の節約
  • ワクワク引越サービスで、10,000円の節約
  • グッド引越センターで、10,000円の節約
 

単身世帯やおひとり様と言っても、

1R・1DK・1LDK・2DK・2LDKなど部屋のサイズの違いや移動距離やタイミングなど様々な状況がありますので、値引き幅もかなり違います。

 

実際に値引きされていること、付加サービスが無料で使える場合があること、手間なく業者選びができることなどメリット多数ですので、利用する価値は十分にありますよね。

 

引っ越し費用を安くしたいのなら、

見積もり業者に連絡をして、自分の場合にはメリットがあるのかを確認する方が良いと思いますよ。

 

最短1分で最大50%オフ!

無料で利用でき、付加サービスのおまけも

 

© 2019 引っ越し費用安くしたい!安心な業者はどこ? rss