実績No1の引越し侍なら安心!

 

引っ越し費用が高い時期は年に2回ある

 

 

引っ越しが重なる時期は繁忙期と呼ばれ、日本全国で多くの人が引っ越しを行いますので、自然と引っ越し費用が高くなります。

 

年に2回ある繁忙期でも3月と4月は特に忙しい時期で、引っ越し費用が急激に上昇します。

 

もうひとつの繁忙期は、

9月と10月ですが、この時期は多少上昇するものの、3月・4月に比べると可愛いレベルで、受付制限などもほぼありません。

 

3月と4月は進学や就職、転勤が重なり、2016年のデータでは29.5%がこの2ヶ月間で引っ越しを行っていることがわかります。

 

県外移動の人の割合はさらに高く、

37.4%もの引っ越しが3月と4月の2ヶ月間に集中しますので、引っ越し費用が高くなる理由もわかるでしょう。

 

費用が高くなる時期だからこそ、引っ越し見積もり業者を使って、少しでも費用を節約すべきだと思いませんか?

 

通常期と繁忙期では実際にどのくらいの費用が違うのかを、世帯数と移動距離から算出したデータで紹介します。

 

通常期の引っ越し費用の目安は?

 

*参考データなので実際の費用と異なる場合もあります。

 

繁忙期の引っ越し費用の目安は?

 

*参考データなので実際の費用と異なる場合もあります。

 

通常期と繁忙期の引っ越し費用の違いの特徴は?

 

上記の引っ越し費用を見ると、

引っ越し時期による費用の違いは明確だと思いますが、繁忙期になると1.1倍から約2倍まで上昇することがわかります。

 

特に繁忙期に高いのが、家族ファミリー層の200km〜500kmの移動を行っている世帯。

 

転勤族で会社負担だから、引っ越し見積もり業者を使っていない可能性もありますが、通常期のほぼ2倍というのは異常ともいえる状態。

 

東京駅から200kmという距離は、

 

  • 東海道線では藤枝駅
  • 東北本線では矢吹市駅
  • 上越線では越後湯沢駅
  • 中央線では上諏訪駅
  • 常磐線では泉駅
 

東京駅から500kmという距離は、

 

  • 京都の手前の膳所
  • 東北新幹線の新花巻
  • 車なら東京⇔大阪間
 

ちなみに通常期と繁忙期の違いは、

 

 

関東と関西を移動するくらいまでの人が、

繁忙期に引っ越し費用が大幅に上昇しますので、引っ越し見積もり業者は絶対に使うべきでしょう。

 

最短1分で最大50%オフ!

無料で利用でき、付加サービスのおまけも

 

© 2019 引っ越し費用安くしたい!安心な業者はどこ? rss