MENU

胃がんの原因で若年層に多いのはスキルス性胃がん

若年層に多い胃がんの原因は、スキルス性胃がんです。一般的な胃がんの場合、がん検診で発見される初期ステージの方が多く、発症しても助かるのですが、このスキルス性胃がんが原因の場合、発症後の死亡率が高いので、非常に注意をしなければならないタイプなのです。

 

スキルス性胃がんとは、びまん性の症状が原因になる胃がんです。びまん性とは、まんべんなく広がっているという意味で、通常は胃壁の粘膜表面にがん細胞が発生するのに対して、粘膜表面には何の変化もないまま、胃粘膜全体に広がってしまうので、発見が遅れるだけではなく、死亡率が高いのが特徴です。

 

そしてがんの転移が酷く、その進行が早いためにスキルス性胃がんの場合には、発見後早期で亡くなってしまう人が多いのです。最近では元NHKアナウンサーの黒木奈々さんもこの胃がんが原因だったのです。

 

スキルス性胃がんは、初期症状がないので、基本的に自覚することなく胃の中でどんどん進行していきます。表面からもわからない、初期症状もないと通常ではその症状を確認することが出来ないのです。

 

唯一の発見方法は、がん検診を受けることだけなのです。少し食欲が落ちたり、胃がムカムカするだけではわざわざ病院で検査を受けることもないですよね?でもその時に既に進行している可能性があるのです。

 

しかもスキルス性胃がんは、女性に起こりやすいのです。まだその原因を明確にすることは出来ていませんが、女性ホルモンをスキルス性胃がんの細胞がキャッチする機能を持っていることだけはわかっています。

 

このように原因すらまだ確実に断定できていないのがこのスキルス性胃がんなのです。しかし胃がんである以上、胃の中をはじめ体内環境を整えることでその予防が出来ると考えられています。

 

胃がんの原因には、日本の伝統的な食習慣や飲酒喫煙、刺激の強い食べ物や過度なストレスそれにピロリ菌対策が必要なのです。ピロリ菌に感染することで胃がんの発症率は5倍も変わるのです。だからこそ、まずはピロリ菌を除去することで胃がんの原因の一つを排除することが大切だと考えられています。

 

ピロリ菌対策に効果のあるマヌカハニーは、女性の美容面にもさまざまな効果効能が期待でき、腸内環境を整えて便通を改善したり、アンチエイジング効果があったり、美肌効果も期待できたりと胃がんの原因を排除するだけではなく女性にとっては嬉しい効能が沢山あるのです。

胃がん 原因 若年記事一覧

胃がんを発病するのは、主に高齢者の男性が多いと考えられていますが、中には若い世代でも胃がんを発症する人がいるのです。ある研究では、18才という非常に若い年齢での胃がんを発病した人もいます。若年性の胃がんは全体の2%ほどと考えられており、非常に割合的には少ないのですが、高齢者の胃がん発病者とは異なる傾向がありますので注意が必要なのです。それは高齢者では2対1で男性の割合が高いのに対し、若年層では、1...