MENU

胃がんの原因の一つにストレス症状によるスキルス性胃がんがあります。

胃がんの原因の一つにストレスによる影響が上げられます。特に最近目立ってきたのが、ストレスが多い有名人などの若い女性が胃がんで亡くなってしまうことです。少し前にNHKアナウンサーの黒木奈々さんが胃がん(スキルス性胃がん)でお亡くなりになりましたし、宮迫さんもスキルス性胃がんを患っていました。

 

そもそもスキルス性胃がんとはどのような症状かといいますと、通常の胃がんでは胃の表面(粘膜部分)に腸上皮化生の症状が起こり、検診の際に胃壁を見ることで早期発見ができるのですが、スキルス性胃がんの場合は胃壁の表面に一切の変化がなく、進行することで胃が硬くなり、既に位の壁面の様々な部分に転移してしまっているのです。

 

スキルス性胃がんの場合、それだけ発見が遅れるだけではなく、発見された際には既に手遅れ担っていることも少なくなく、一般的な胃がんよりも死亡率が高い為に非常に気をつけなければならないのです。

 

しかも通常の胃がんは50才以上の方がピロリ菌等が原因になり発症(男女比は2対1で男性が多い)するのですが、スキルス性胃がんは、30?40才の女性が発症することが多く、今後は社会問題化することが懸念されています。

 

これはスキルス性胃がんが女性ホルモンをキャッチする機能があるということがわかっているだけで、それ以上の詳細は現時点では解明されておらず、現在も様々な国でこの原因や仕組みの解明が行われているのです。 

 

ストレスを原因とした胃がんが起こることは、胃がんの原因になる慢性胃炎や乱れた食生活や塩分濃度の濃い食事、過度な喫煙や飲酒などそういった人間の行動の根底にストレスが隠れており、ストレスを解消する為に身体にとって良くない行動を撮り続けることで胃がんの原因を自ら生み出してしまっていることも考えられるのです。

 

日本の伝統食のような塩分濃度の濃い食事を摂り続けるよりも野菜を中心とした健康食を食べ続けると胃がんの発症率を下げることが既に研究でもわかっています。

 

このようにストレスを原因とした様々な行動が胃がんを誘発する可能性が考えられており、現在ではストレスのない生活を送ることが胃がんを発病しないと考える医師もいらっしゃいます。

 

胃がん以外のことを考えてもストレスの多い生活を送ることのメリットはありませんので、強いストレスを感じている人は、まずはストレスの軽減を考えて見ることが大切だと思います。

 

またストレス値が上昇することで人間の体内では免疫機能が低下してしまい、そうすることでピロリ菌の影響を受けやすくなり、本来であれば胃がんや慢性胃炎の症状を発症しない人でも発病しうる可能性が指摘されているのです。

 

ピロリ菌感染者の全ての人が胃がんになるわけではないのです。しかしストレスの多い世代では、ピロリ菌の活動が活発化し、どんどん胃の粘膜を攻撃して自分たちが住みやすい環境に変化させていきます。

 

そういう点から考えると、胃がん対策、慢性胃炎対策としてピロリ菌退治を行っておくことは非常に大切なことです。ストレスをすぐに解消することは難しいですが、ピロリ菌ならある方法を取ることで簡単に退治することが出来ます。

 

それは医療機関にかかることもなく、ご自宅で普通の生活を送りながらできるのです。海外では、ピロリ菌を治療するのに天然のハチミツを使用します。ハチミツの中にも様々な抗菌作用や殺菌作用を持つものがあり、ピロリ菌対策には、世界的にもマヌカハニーが良いと考えられています。

 

このマヌカハニーはニュージーランドに自生するマヌカの木から取れる天然のハチミツで、医療用としての効能を持っているのは、全体の2割だと考えられています。その医療用のマヌカハニーは実は日本でも買うことが出来ます。

 

しかし注意をしなければならないのは、そのマヌカハニーには、医療効果の無いものや偽物が売られていることがあり、どこのメーカーの商品を買うのか?ということが非常に大切なポイントになってくるのです。 

 

そこで私が現時点で信頼できるメーカーのマヌカハニーを厳選してみましたので、もしストレスの多い生活をしている方は、一度試してみてください。このマヌカハニー、ホットミルクに混ぜて寝る前に飲むと安眠効果もありますので、不眠症に悩む方にも効果的なんです。

 

それだけではなく、様々な栄養素を吸収しやすい形で含んでいますので、疲労回復や健康促進効果、美容効果なども期待できるのです。ハチミツにそこまでの効果が?と思われるかもしれませんが、このマヌカハニーはニュージーランド政府認証の検査施設で全てその効能を分析され、効果のあるものしか認められないブランドだったりもします。