MENU

胃がんの原因を早期発見できないバリウム検査は逆効果!

胃がん原因は99%がピロリ菌であると考えられています。それなのにそのピロリ菌感染での胃がんの早期発見ができないバリウム検査が先進国で行われているのは、日本だけという現状をご存知ですか?

 

しかしここに来てようやく厚生労働省が来年度より胃がん検診に内視鏡検査を推奨することを決めました。バリウム検査は胃がんの発見率が低く、バリウム検査による医療事故が多数発生しているのです。検診機器に挟まれたり、固まったバリウムにより大腸に穴が開いて死亡した事例すらあります。

 

医療従事者の中に胃がんの早期発見を目指してバリウム検査を受ける人はほぼおらず、内視鏡検査で胃がんの早期発見を行っている人が殆どなのです。それを知らずに年間1000万人もの一般の方が胃がん検診の名目で、バリウム検査を受けています。

 

医学的には、胃がん患者の99%の原因はピロリ菌感染だと証明されています。そしてピロリ菌の感染の有無と胃粘膜の萎縮度を示すペプシノゲン値を組み合わせた検査である胃がんリスク検診を受けることで、早期発見の精度は現状から3?4倍上がることがわかっていますし、年間800億円以上の医療費が軽減されることもわかっているのです。

 

またバリウム検査は胃がんの早期発見ができないだけではなく、8枚以上のX線写真を撮影するだけではなく、撮影の合間にも胃の状態を透視するために大量に放射線を浴びることになります。その被曝量は13.4ミリシーベルトにもなり、その結果75才以上の3.2%が医療被ばくが原因で癌を発症しているのです。

 

ピロリ菌の感染状況と胃の萎縮度の検査だけでより効率よく早期発見できるのが、世界の胃がん検診の常識なのです。あなたは検診が原因のガン発症を望みますか?もし望まないのであれば、来年度以降は厚生労働省も認めた内視鏡検査に切り替えるべきです。

 

そしてピロリ菌感染が発覚した際には早期に胃がんの原因菌であるピロリ菌を退治することが大切です。その際にも抗生物質を使用することで、あなたの体内の細菌バランスが大幅に乱れ、様々な副作用を引き起こす原因になるのです。抗生物質によるピロリ菌の除去は100%ではなく、何度も行うことで耐性菌を生み出してしまうことも問題になっています。

 

日本の医療機関では、胃がんの原因を早期発見できない方法を選び、より確実な治療方法ではなく、新たな病気を生んだり、様々な副作用の影響がある治療法を推奨しているのです。

 

胃がんの原因であるピロリ菌を最も安全に除菌できる方法は、マヌカハニーを舐めるだけなのです。マヌカハニーだけが持つ殺菌作用でピロリ菌除去を行い胃がんの発症を抑えることは、今や世界の医療学会の常識です。胃がんの原因菌であるピロリ菌を100%副作用なく除菌できるだけではなく、腸内バランスを始め体内に存在する全ての悪玉菌を除菌する効果があり、善玉菌の栄養源となり、その活動をサポートしてくれるのが、ニュージーランド原産のマヌカハニーなのです。

 

その中でも医療用マヌカハニーと呼ばれるごく一部の品質のものは、実際にニュージーランドの病院では薬として処方されているのです。これでもあなたは副作用のある抗生物質でピロリ菌を除去しますか?

 

私なら間違いなく、副作用のない方法を選択します。50歳以上の日本人の実に8割がピロリ菌に感染していると考えられていますので、検診による早期発見も大事ですが、普段から口にすることで、胃がんの原因菌、十二指腸潰瘍の原因菌、様々な胃腸疾患の原因になるピロリ菌対策に早期に取り掛かることをお勧めします。

胃がん 原因 早期記事一覧

胃がんの原因の8割を占めているピロリ菌感染ですが、早期発見を行うことが非常に大切なんです。ピロリ菌に感染した胃では、毎日ピロリ菌による攻撃が続いています。その結果、胃壁や胃粘膜にダメージが蓄積されていくことになります。そのダメージの蓄積により、ピロリ菌感染者の胃がん発病率は年率0.4%上昇することがわかっています。もしあなたの胃にピロリ菌が感染して25年経過していれば、あなたが胃がんを発病する可能...