MENU

胃がんの原因である慢性胃炎はピロリ菌の感染から発生するのです

胃がんはある日突然できるのではなく、その前に原因となる炎症を起こしていることがほとんどなのです。つまり慢性胃炎が胃がんの原因になると考える事が一般的でその慢性胃炎を引き起こす大きな原因の一つがピロリ菌への感染なのです。

 

ピロリ菌に感染していても症状なく過ごす人もいれば、一時的に体力や抵抗力が下がることでピロリ菌の活動の影響から胃の粘膜が薄くなってしまうことがあるのです。そうなるとその部分から慢性胃炎を発症します。

 

慢性胃炎自体は珍しい症状ではなく、自覚症状がないことすらあるのです。しかしこの慢性胃炎の状態が胃がんの原因に繋がるのです。慢性的に炎症が起こることで、その部分では細胞が変化しやすくなりまし、常に炎症が起こっていることで活性酸素が排出され、遺伝子がダメージを受けてがん細胞に変化しやすくなります。

 

これは胃に限ったことではなく、大腸炎でも大腸がんを誘発しますし、慢性肝炎も肝臓がんの原因になっているのです。つまり人間の体中では慢性的に炎症が起こることは非常にデメリットなのです。

 

ピロリ菌感染者が慢性胃炎を発症し、胃の粘膜は腸の粘膜上に変化する腸上皮化生が起こることで胃がんを発病する原因になるのです。つまりは、胃がんも慢性胃炎もピロリ菌対策をしっかり行うことで、その症状を発症しにくくなりますし、慢性胃炎に限って言えば、ピロリ菌対策をしっかり行うことで病状の改善すら出来てしまうのです。

 

もしあなたが慢性胃炎という診断を受けてしまったとすれば、まずはピロリ菌に感染していないかの検査を行い、ピロリ菌による慢性胃炎の際にはすぐにピロリ菌の治療を行うようにしてください。

 

ピロリ菌の治療には主に抗生物質が使用されますが、その抗生物質は体内にある善玉菌も悪玉菌も全て殺してしまい、体内の細菌バランスを大きく乱れさせ、様々な副作用を引き起こすだけではなく、なんとその除菌率は80%くらいしかないのです。いわゆる耐性菌を生み出してしまう治療法でもあるのです。

 

ピロリ菌の治療で引き起こされる副作用には、軟便や下痢、中には血便になってしまう人もいらっしゃいますし、アレルギー反応で蕁麻疹や逆流性食道炎を引き起こすこともあり、副作用がひどい場合入院しなければならないこともあるのです。

 

しかも8割ほどしかない除菌率なので、ピロリ菌が死滅しなければ何度も抗生物質を飲まなければならず、患者側に非常に負担が重い治療だったりもするのです。それでも現在の日本では抗生物質を推奨しています。

 

ところがニュージーランドや欧米では、抗生物質は使わずに天然のハチミツで慢性胃炎の原因菌であるピロリ菌の除去を行っています。その効果は非常に高く、研究室で行った検査では、72時間で全てのピロリ菌が死滅してしまったのです。

 

もちろんハチミツなので、副作用を引き起こすこともありません。ただ全てのハチミツにそのような効果が有るのではなく、ニュージーランドに自生するマヌカの木から取れたマヌカハニーの一部にそれだけ強い殺菌作用があるのです。

 

それが医療用マヌカハニーとして、ニュージーランドでも実際に病院で処方されていますし、世界的にもピロリ菌の治療薬としてマヌカハニーが処方されているのです。しかもマヌカハニーには、悪玉菌だけを殺し、善玉菌の栄養源になり活動をサポートすることで腸内環境を正常化する作用もあり、胃だけではなく体の様々な部分の調整を行ってくれるのです。

 

これだけ効果の高いマヌカハニーをなぜ日本の医療機関は処方しないのか?個人的には凄くもったいない選択をしていると考えていますが、こういった情報が一般の人に知られないように統制されているのでしかたがないことなのかもしれません。

 

もしあなたが胃がんの原因の一つである慢性胃炎の安全な治療を考えているのであれば、医療効果の高いマヌカハニーをお使いになることをお勧めいたします。でもどんなマヌカハニーが良いのか?わからないこともあると思いますので、私が効果の高いものを厳選して紹介させていただきますので、慢性胃炎の治療に胃がんの予防にお役立てください。

胃がん 原因 慢性胃炎記事一覧

慢性胃炎を発生している胃だと胃がんの発症率が上がることがわかっています。その慢性胃炎の原因はピロリ菌感染であることが多いのです。慢性胃炎が起きていることが細胞のがん化を招くのです。人間の体内では常に炎症が起こることで細胞が変化(がん化)しやすい状態になることがわかっていますし、炎症があることで活性酸素の発生量が増え、遺伝子が傷つきやすくなっています。慢性的な炎症が起こることで、胃以外の器官でも癌が...