MENU

胃がんの原因は、研究の結果8割がピロリ菌であることをWHOも認めています。

胃がんの原因は8割がピロリ菌である。これは2014年9月にWHO(世界保健機関)が発表した研究結果です。WHOはそれに先立つ1994年にピロリ菌は、「確実なガン有因子」であることも発表しています。

 

その後20年間にも及ぶ研究結果が、まさにあの発言に秘められているのです。胃がんは年間100万人が発病する病気で特に東アジア地域で多いのがその特徴です。これは東アジア地域のピロリ菌が悪性であることも影響していますが、まだまだ上下水道が発展していない地域が多くピロリ菌が蔓延しやすい環境であることにも起因しています。

 

このようにピロリ菌の危険性が発表されているにも関わらず、日本では胃がんの原因であるピロリ菌を放置している現状があるのです。50代以上の日本人の8割はピロリ菌に感染しているのに、放置しているというのは、どういうことなのでしょう?

 

これでは、皆さんに胃がんになってくださいと言っているようなものです。しかも日本人は和食文化で塩分濃度の濃い食事を繰り返し食べていることで、胃の粘膜が傷つき、他の国の人よりも胃がんになりやすい環境なのです。これも研究結果からわかっています。

 

胃がんの原因の研究が進み、原因因子が確定され、後はその処置をするだけなのです。つまりは胃がんの原因であるピロリ菌を除菌する方法に注力するだけで、胃がんの発病率を大幅に下げることが出来ます。 

 

研究データによるとピロリ菌を完全に除菌できれば、胃がんの発病率を3?4割も下げることが出来るのです。これは胃がん対策としては非常に友好的な方法で将来的な医療費の削減にも繋がることなのです。 

 

しかしピロリ菌の感染検査も除菌費用も、慢性疾患がないと保険適応にならず、がん検診で発見された時には、初期ステージやスキルス性胃がんの場合には既に手遅れになっているという状態になっています。

 

これが日本の胃がんの現状なのです。皆さんにもこの事実をもっと知ってもらいたいと思います。胃がんの原因菌であるピロリ菌さえ退治してしまえば、胃がんの発病率を大幅に下げることができるだけではなく、ピロリ菌が原因の十二指腸潰瘍や慢性胃炎などの疾患を再発なく治すことができるのです。

 

しかし現在医療現場で使用されているピロリ菌を除菌するための抗生物質は、ピロリ菌だけではなく、全ての菌を殺す作用しかなく、その結果ピロリ菌の除菌による副作用を殆どの人が感じ、その治療実績も8割程度と非常に低い結果につながっています。

 

しかし世界では違うのです。ピロリ菌の除菌に最も有効な手法は、ニュージーランド原産のマヌカハニーであり、これを医療現場で活用することでほぼ100%の除菌を行うことができているのです。

 

しかもこのマヌカハニーは天然のハチミツの為に、抗生物質のような副作用を起こす可能性がないだけではなく、耐性菌を生み出すこともありませんし、善玉菌の栄養になることでその動きを活発にしてくれて腸内環境を整えてくれるのです。 

 

多くの国が行った研究の結果、世界的にこんなに良い方法が知られているのに、日本ではまだリスクの高い方法での治療が続いているのです。重要なのはどんなに良い治療方法でもあなたが望まなければ、マヌカハニーは手にはいらないのです。

 

ニュージーランドや欧米では、医療機関でマヌカハニーを処方してもらえますが、日本では抗生物質しか処方されません。だからもしあなたがマヌカハニーによる治療を受けたいと考えた際には、ご自身で購入しなければならないのです。 

 

そこで日本でも信頼できる医療効果が期待できるマヌカハニーを購入できる情報を次の項目で紹介しますので、ぜひそこで購入して胃がんの原因菌であるピロリ菌を除去されることをおすすめします。 

 

副作用や生活への負担のない方法で、あなたの健康を更に改善してくれる効果も期待できるマヌカハニーがあなたをしっかりサポートしてくれると思います。

胃がん 原因 研究記事一覧

胃がんの初期症状として考えられるのは慢性的な胃の不快感です。例えば脂っぽいものを食べたり飲み過ぎた時に胃もたれや胸やねなどの不快感が起こりますよね?身に覚えがない場合なら良いのですが、原因不明の不快感が数日続くようだと何かの前兆だと考えるべきなのです。決して年をとったからということはなく、慢性的な不快感は胃の中で何かの症状が起こっていることを知らせており、胃がん等の病気を早期発見できるチャンスなの...

胃がんの主な原因であるピロリ菌感染が起こっても症状の出る人と無症状の人がいます。症状が出る人は、慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの病気を通じて、ピロリ菌感染に気づき、そのリスクを認識するのですが、無症状の人の場合感染すら気づかずに過ごすということがあります。無症状の場合、ピロリ菌感染がわかってもあえて除菌治療を行わなくても良いのでは?と主う人の方が大半だと思います。副作用が出る可能性のある抗生物...

これ少しややこしい話ですが、人間と犬と猫の間でピロリ菌感染が交錯する可能性があるんです。実際に犬や猫には、ピロリ菌の仲間であるハイルマニイ菌が存在しています。そのハイルマニイ菌ですが、通常は人に感染することはほとんどありません。でも一定条件の元で人への感染が起こる可能性があるのだとか。それは胃の中にピロリ菌害ない人の場合に犬や猫から人の胃に移りそこで感染してしまうというのです。これでは、ピロリ菌を...