MENU

胃がん ピロリ菌 原因

日本人男性の9人に1人、女性の18人に1人が発症する胃がんですが、最近の研究で胃がんの根本的な発生原因がピロリ菌であることがわかっていますし、胃がんの不安から既に病院でピロリ菌の検査を受けている40代以上の方も多いと思います。

 

日本の自然界にはピロリ菌は存在しないほど既に上下水道の整備が進んでいますが、まだまだ多くの日本人の体内には胃がんの原因となるピロリ菌が存在しているのです。最もピロリ菌に感染しているのは、50代以上の方でなんと80%以上もの方がピロリ菌に感染しているのです。つまり50代以上の多くの方が胃がんになる可能性が高いということなのです。

 

胃がんは1998年に肺がんに抜かれるまで、日本人の部位別死因の1位でずっと居続けてきたほどの死亡率の高い病気ですが、早期発見すれば100%治療することができる治療成績の良いがんでもあるのです。

 

ピロリ菌保有者の場合、遺伝子によって胃がんになりやすいか、それとも十二指腸潰瘍になりやすいかが決まります。ただどちらにしてもピロリ菌さえ退治してしまえば、両方の病気を発症する可能性自体が下がるわけですから、まずはピロリ菌対策にとりかかるべきなのです。一般的にピロリ菌の非保有者の胃がん発症率は0.5~1%と言われていますので、胃がん対策には、ピロリ菌の除去が有効なのはお分かりいただけるかと思います。

 

最近では病院に行かなくとも家庭でできるピロリ菌検査キット(約7200円)がありますので、そういったものを使用してご自身のピロリ菌への感染状況を確認しても良いですし、医療機関を訪れて、実際に診察も行ってもらうという方法でも良いと思います。

 

しかし問題になるのがその先です。もしあなたがピロリ菌の保有者であることがわかれば、ピロリ菌退治を行うべきですが、その際に一般的には抗生物質を使ってピロリ菌を退治することになります。しかし抗生物質を使用しても100%の除菌は出来ず、抗生物質と本人とピロリ菌の相性が影響し、その除菌率は70%前後でしかないのです。つまり約30%の方は抗生物質を飲んでもピロリ菌を退治できないのです。

 

それだけでなく、抗生物質が効かない耐性菌を生み出してしまったり、抗生物質による副作用(下痢・腹痛・味覚異常・舌炎・口内炎・アレルギーでの湿疹)が出てしまう人もいらっしゃいます。抗生物質は非常にその効果が強く、悪玉菌であるピロリ菌だけではなく、健康な細菌も全て死滅してしまうので、体内の細菌環境が大きく変わってしまいます。その結果、様々な副作用を発症することになります。

 

本来は胃がんの原因であるピロリ菌だけを退治できれば良いのですが、現代医学を持ってしてもピロリ菌を100%退治出来ないどころか、体の不調を引き起こしたり、別の病気を誘発することもある非常に悩ましい問題なのです。

 

そこで抗生物質に代わり胃がんの原因であるピロリ菌を除去できるものがないか探したところ、マヌカハニーというニュージーランド原産のハチミツのごく一部のものだけにピロリ菌を死滅する効果があることが分かりました。これは一企業の研究ではなく、ニュージーランド国立大学の研究によるもので、世界の医学界に衝撃が走った事実なのです。その後ドイツで更に研究が進み、胃がんの原因であるピロリ菌対策には、マヌカハニーというのが、世界の常識になったのです。

 

ニュージーランドで行われた研究は、濃度の濃いマヌカハニーの水溶液にピロリ菌を入れて何%であれば、死滅するかというわかりやすいもので、なんと5%以上のマヌカハニー水溶液に入れたピロリ菌は、72時間後には全て死滅するという非常に良い成績を残しています。つまり濃度の濃い一部のマヌカハニーを口にすることで胃がんの原因になるピロリ菌を退治する事ができるのです。

 

ここで問題になるのが、どのマヌカハニーが良いのか?ということですが、ニュージーランドでは医療用マヌカハニーと呼ばれ、病院で処方されるマヌカハニーの水準が決まっています。これはマヌカハニーの濃度や殺菌力を示す指標であるUMFという指標の数値がUMF10+以上であれば、医療用マヌカハニーとして公式に認められていますので、それを参考にマヌカハニーによるピロリ菌対策を考えるのが妥当です。

 

抗生物質によるピロリ菌除菌に失敗して既に耐性ピロリ菌になってしまっている方や、他にも重篤な症状や病気を発症している方の場合には、このUMFの値がより大きなものを購入されることをお勧めいたします。日本人からすれば、ハチミツが医者で薬として処方されているなんて、少し違和感があるかもしれませんが、これはニュージーランドだけではなく、オーストラリアやドイツ、イギリスなどでも同様の動きが広がっているのです。

 

それなのに日本では未だに耐性菌を生み出してしまったり、重い副作用を発症する可能性の高い抗生物質を処方し続けているのが世界から見れば、本当に不思議なことでしか無いのです。しかも日本人の胃がんの発症率は欧米の10倍も高いのです。以前は日本食が原因と言われていましたが、食事ではなく胃がんの根本原因であるピロリ菌対策が甘い現状がもたらしている結果なのです。

 

大切なポイントは、マヌカハニーというハチミツの効果をあなたがもし信じないとしても、マヌカハニーを口にすることであなたに起こる弊害は何一つないのです。それどころか、ピロリ菌対策以外にも風邪予防やインフルエンザ予防、のどの痛みの改善、腸内環境の正常化、美容効果やアンチエイジング効果、はたまたダイエット効果まであるのです。

 

マヌカハニーを手にすることで唯一の弊害があるとすれば、多少のお金が必要になるということだけなのです。しかし一度抗生物質を口にすれば、最低でも1週間、最悪はその治療が終わるまであなたは薬漬けの日々を過ごさなければならず、しかも0.8%の方は入院が必要になるほどの重篤な副作用を発症している現状があるのです。

 

この事実をあなたはどうお考えになりますか?もちろん、マヌカハニーはハチミツですので、民間療法でしょ?と考える方も多いと思います。しかし各国の診療機関でピロリ菌対策の薬として処方されていたり、アメリカのFDA(日本の厚生労働省に当たる機関)でもその治療効果が認められているものも事実なのです。

 

しかも体内に入ったマヌカハニーはピロリ菌等の悪玉菌だけを除菌し、体内に残っている健常菌には一切の悪さをせず、逆に餌になることで善玉菌の働きをサポートしてくれますし、どれだけ過剰に摂取しても余分なものは吸収されないので、全く問題がないのです。これは非常に重要なことです。

 

本来は胃がんの原因対策である抗生物質がするべきことを実際にできるのは、現時点ではマヌカハニーだけなのです。

胃がん ピロリ菌 除菌

胃がんの根本原因であるピロリ菌の除菌ができるマヌカハニーを高い効果が期待できる順に紹介しています。

 

 

ストロングマヌカハニーの特徴

日本人養蜂家が現地で作る日本品質が凄い 【ストロングマヌカハニー】

価格 24980円
評価 評価5
備考 MGO860の500gの価格です。
ストロングマヌカハニーの総評

・公的機関の成分分析試験書が同封され、品質を数値で確認できます。
・UMF39+と現地でも販売されていない超高濃度な商品を買えます。
・完全限定生産品で数量が僅かなために、売り切れになることがある。
・100万本のマヌカ自生林から自然の恩恵を集めたものを原料にしている。
・定期購入で1本無料でプレゼントしてくれるキャンペーンを実施中です。

 
e マヌカ どっと コムの特徴

MGOの基準を作ったニュージーランド屈指の商品 【e マヌカ どっと コム】

価格 10200円
評価 評価4
備考 MGO550の250gの価格です。
e マヌカ どっと コムの総評

・すべての商品にバッチNoがあり、原材料や成分濃度を確認できる。
・ニュージーランド政府公認の現地メーカーの商品のみの取扱なので安心。
・UMF25+が販売されているなど、より効果の高いマヌカハニーを選べる。
・無農薬、無抗生物質で、安心の天然成分だけが配合されている。
・トライアルセットがあり、マヌカ初心者でも安心して注文できる。

やはり一番のお勧めは、1位のストロングマヌカハニーです。ニュージーランドを代表するヒル分析所発行の成分データとその翻訳版が付いてきますので、成分を数値で確認することができますし、現在世界中で販売されている商品の中でも最もUMF値が高いマヌカハニーを買うことができますので、既に胃がんを発症している方やピロリ菌の退治をすでに何度か行っても良い結果が出ない方にはここでの購入が最もお勧めできます。

 

2位のe マヌカ どっと コムもニュージーランド政府公認である現地主要メーカー製造の安心な商品のみの取扱であることと、初めての購入で選び方がわからない人にも安心なトライアルセットが用意されているなど安心してその効果を体感できる仕組みがあります。

 

今回ご紹介した商品は、すべてロット番号で管理されており、その品質をニュージーランド政府が運営する公的な検査機関が分析していますので、粗悪なものは一切含まれていません。一般的にUMF10+以上であれば医療用としての効果が期待できますので、胃がんの原因であるピロリ菌対策としても十分に活用できますが、胃がんのリスクを考え短期間で確実に除去されたい場合には、UMF25+以上の高濃度の商品を選ばれることをお勧めします。

胃がん ピロリ菌 発生

胃がんの発病原因はピロリ菌であることは、皆さんも良くお分かりになられたと思います。しかしまだ納得がいかない方もいらっしゃるかもしれませんので、もう一つピロリ菌が胃がんの原因であるということが正式に認められているという情報をお伝えしたいと思います。ピロリ菌は、1994年にWHO(世界保健機関)で、「確実な発がん因子」であると断言されているのです。つまりピロリ菌を保有し続けると胃がんの原因になりますよと世界が認めているのです。

 

これがピロリ菌なんです。たばこを吸い続けることが原因で肺がんの発症率が上がるのと同じなのです。つまりピロリ菌を体内で保有し続けるとそれだけ胃がんの発症率が高まるとWHOも認定し、その除去に力をいれているのですが、日本では未だにピロリ菌対策が進んでいないのです。

 

胃がんの原因であるピロリ菌の除菌が保険適応で行えるのは、胃・十二指腸潰瘍、胃マルトリンパ腫、特発性血小板減少紫斑病、早期胃がん内視鏡治療後の方だけなのです。これでは国民に胃がんになってほしいと言っているようなものです。本当にそれで良いのでしょうか?個人的にはそうではなく、もっと積極的にピロリ菌除去を推進すべきだと思いますし、その際により副作用のない方法を選択すべきだと考えています。

 

ちなみにピロリ菌が原因の慢性胃潰瘍は、対処療法を行っただけでは非常に高確率で再発します。例えばH2ブロッカーを施した場合でも1年以内に80%以上の人が再発するのです。しかし、ピロリ菌を除去する根本治療を行うと再発率は大幅に低下し、その後再発が起こらなくなることも研究結果から分かっているのです。

 

何よりも胃がんの原因であるピロリ菌の根本的な治療を体に負担をかけずにできるのが、マヌカハニーだということは世界的に認められているのです。それでもあなたは副作用のある抗生物質を選択しますか?日本でも20年ほど前までは、ハチミツを飲んでピロリ菌対策を行うことが医療現場でも暗黙の了解として知られていましたが、現在の若い医師はそういったことも知らないと思います。

 

実際に神戸の中野クリニック(胃腸科)では、MGO550+(UMF25+)のマヌカハニーを抗生物質でのピロリ菌除菌治療に失敗した患者さんに1日4回食べてもらったところ、僅か2週間でピロリ菌の除菌に成功、その後3か月・1年とピロリ菌感染検査を行ったもののいずれも陰性(つまりピロリ菌の除菌に成功)という臨床結果が出ておりますので、マヌカハニーのピロリ菌に対する高い効果がお判りになると思います。

 

↓胃がんの原因であるピロリ菌を安全かつ確実に除菌したいのなら↓

 

ストロングマヌカハニーでピロリ菌対策を行い、胃がんの原因をなくす!